一流芸能人・アーティストとして人気の高いガクト(GACKT)さん。

半年に一度の「芸能人格付けチェック」では全問正解の無敗記録を持っていて、お茶の間の話題になっていますよね。

そんなスペックの高い一流のガクトさんは、英語を話すことが出来るのでしょうか?

この記事は
ガクトさんの英語力が知りたい男性・女性
のために、イギリス留学帰りで英語教材調査員のキャリアウーマン・あやみが書きました。

ガクトさんがあまりにもクイズに正解したり一流すぎることからテレビ局のヤラセ疑惑もなかなかに強いのですが、負けず嫌いで向上心の強いガクトさんは世界の公用語になっている英語力もありそうですよね!

さっそくチェックしていきましょう!

ガクトさんの英語力に関するプロフィール

ガクト(GACKT)の英語力
ガクトさんは1973年7月4日生まれで沖縄出身のシンガーソングライターです。

音楽以外にも俳優や声優としても取り組んでいます!

本名は大城 学(おおしろ さとる)さんでしたが、母方の祖母が読み方を学(がく)と正式に読み方を変えました。

両親が離婚していて母方に引き取られています。

身長は180センチで意外と高めですね!

体重は非公開ですが見るからに細そうで、顔も年齢を感じさせない美貌です。

3歳からピアノと声楽を始め、音楽に関しては英才教育を受けています。

なんとそこから、木管・金管楽器をマスターし、さらには打楽器、ギター、バイオリン、ベース、弦楽器を中学三年生にマスターしてしまいました・・・この時点で普通ではないですよね。

ドラムも担当していましたが、組んでいたメンバーからの要望で19歳の時にボーカルに転身しました。

ガクトさんはとにかくストイックさで、真剣に集中して取り組み、何時間でも勉強や練習ができる人です。

最終学歴は私立京都学園中退で、事務所はG-PROに所属しています。

失礼ですが別に高学歴ではないガクトさん・・・英語はもちろん、中国語、韓国語、フランス語を話すことができるそうです!!

ヨーロッパ圏の言語は似ているので何言語も話せることはそこまで珍しくはないのですが(もちろん、それもすごいことですけど!)中国と韓国語まで話せてしまって、しかも発音もマスターしてしまっているって、ガクトさんの頭はどうなっているのでしょう・・・?

韓国語に関してはガクトさんは20歳の時に10歳年上の韓国人女性と結婚していましたが、三か月で離婚しました。

なるほど、恋愛は一番語学力アップに役立ちますよね!

あとは福世恵里奈さんと1997年に出会い、共演をきっかけに交際し、二人の間にお子さんがいるそうです。

「ガクトの隠し子」と言われているのはこの子のことですが、なんとオーストラリアで妊娠・出産されたそうです!

日本のマスコミに追いかけられないためと、嫌がらせをするファンから守るために、今、この母子はカナダに住んでいるそうです・・・なんだか壮絶ですが、確かに一流アーティストのガクトさんの子どもとなると、平穏に暮らせなさそうですよね。

ちょっとゴシップなネタが多くなってしまいましたが、ガクトさんは色んな意味で世界的にボーダーがない人ですね!

ガクトさんは英語が話せる、話せない?

ガクト(GACKT)の英語力
そんなガクトさんの英語力を徹底検証してみましょう!

まずはガクトさんは英語を話すことができるのかどうかです。

話せる派の意見

まずはガクトさんが英語を話せる派の意見です!

・流暢に話せている。
・通訳に「大丈夫!」と言って通訳なしに話せていてすごい!
・五カ国語話せるマルチリンガルなんてすごい!

なんでもこなせる男は、もちろん英語も話せる、期待を裏切らない男・ガクトさんは英語を話すこともできるとお茶の間を驚かせています。

話せない派の意見

続いてはガクトさんは話せない派の意見です。

・英語を話せると言って全然話せていない。
・ガクトの英語は中級レベルくらいでしかない。
・ガクトよりも川澄奈穂美の方が話せる。

川澄奈穂美さんは美女サッカー選手で、川澄奈穂美さんもまた、韓国語と英語を話せるトリリンガルです。

ガクトさんファンの中には「こんなレベルで話せる!と言えてしまうのが恥ずかしいのでやめて欲しい・・・」と思ってしまっている人もいるようです。

イギリス留学帰りあやみの見解

>私としては、ガクトさんの英語に非常に好感が持てます。

無理にネイティブっぽくしていないですし、まずは楽しくコミュニケーションをとることを目的としています。

何でも一流ガクトさんへの期待値は、もっとネイティブみたい話すことができて欲しい、というものだとは思いますが、英語でこれくらい迷いなく話せていれば日常生活やコミュニケーションは充分でしょう。

下手派の意見でもあるように、ガクトさんの英語は中級レベルだと思います。

続いて川澄奈穂美さんとどちらが上手いかに関してですが、川澄奈穂美さんは海外にいかれて実際にそこで生活し、サッカーもしていますので、日本にいるガクトさんよりかは話せると思います。

やはり、言葉は実際に住んで、使っている人の方が有利です。

もちろん日本人で何年外国に住んでも喋れるようにならない、という人もたまにいますが、そういう人は日本人で固まってしまったりしていたり、社交的に現地の人と交流していない可能性が高いです。

川澄奈穂美さんのようにアスリートとしてチームメイトと嫌が応でも話さなければならない環境にいる人は、英語の上達が早いです。

ガクトさんもフランス語は忘れてきてしまった、と語っています。

ガクトさんの英語はペラペラ上手い、下手?

ガクト(GACKT)の英語力
芸能人に英語を喋れる人が多いですが、一流芸能人のガクトさんが英語をほかの芸能人よりも上手く話すことができるのかは気になるところですよね。

ヤフー知恵袋にも「ガクトって英語話せるの?」と疑問が上がっていました!

それでは、こちらも早速意見をチェックしていきましょう。

上手い派

まずはこちらもガクトさんの英語が上手い派の意見からです。

・ガクトが英語が上手くてびっくりした。

ガクトさんがテレビのインタビュー等で、流暢にスラスラと英語を話されているところを見て、びっくりした方も多いかと思います!

下手派

続いてはガクトさんの英語が下手派の意見です。

・ガクトの英語は酷い、上手くない

確かに、日常会話や何かのオススメを言う等に関しては「コミュニケーションをしたい!」という意欲の強いガクトさんは成功していますが、上手な英語を話せているという点では「ガクトは簡単な会話しかできないんじゃないか。」って疑問を感じてしまいますよね。

イギリス留学帰りあやみの見解

簡単なことしか発言していないというのもありますが、ガクトさんの文章構成力はまずまずでしょう。

台本にない会話なのにスラスラと言えてしまうところは凄いです。

考えないで口に言葉が出るタイプな人の話し方をしているので、ガクトさんが複数言語を扱えるというのもうなずけます。

ただ、単語数や文章の長さが割と短めなので、確かに一流芸能人のガクトさんに期待してしまう「ネイティブっぽいかっこいい英語」はガクトさんの口からはきけません。

でも、がんばって話しているところや、ネイティブの人と楽しんでコミュニケーションを取ろうとしている姿勢は素敵ですよね。

言語は人とコミュニケーションをとるツールなので、まずは人と英語を使った会話を通して心を通わせられる喜びを感じられるようになるのが大事です。

ガクトさんの英語発音

ガクト(GACKT)の英語力
さて、日本人が一番コンプレックスに思っているガクトさんの英語の発音です!

一体どうなのでしょう!

上手い派

まずはガクトさんの英語の発音が上手い派の意見です。

・英語の発音もできてすごい!
・どの言語も発音完璧!

音楽のスキルの高さはもちろん、半年に一度の「芸能人格付けチェック」での連続正解記録・・・何をとっても、ガクトさんは前人未到の地にいる人ですよね。

英語の発音も、もちろんかっこよく決めてしまうことがきます!

下手派

続いてはガクトさんの英語の発音が下手派の意見です。

・カタカナが混ざっている。
・発音良いとは思えない。

発言にたまにカタカナ英語が聞こえてきたリ、発音がネイティブらしくないことからやっぱりガクトさんも日本語英語の範囲を超えていないのはがっかりしてしますよね。

イギリス留学帰りあやみの見解

あやみはガクトさんの英語の発音はいまいちだと思います。

でも、英語のネイティブスピーカーの人と会話ができるのなら、日本語訛りの英語でも全く問題ありません。

まずはガクトさんのように、たとえ発音がパーフェクトでなくても楽しんで話せるようになることが大切です。

どうしよ、どうしよ・・・とマインドが閉じてしまうと、英語のネイティブの人と楽しく会話をすることができなくなってしまいます。

もちろん芸能界には、ハーフや帰国子女、高学歴といった英語を話せてしまう人はたくさんいますが、まずは上手く話そうとしない、変にネイテクブ化しないスタンダード発音で相手に伝えられることが大事です。

どうしても日本人で発音にこだわりすぎてしまう人はネイティブっぽくしてしまって聞こえにくくなってしまうので、ガクトさんのようにたとえネイティブっぽくなくても相手が聞き取りやすいようにはっきりと喋っているのは良いでしょう。

ガクトさんの英語勉強法

ガクト(GACKT)の英語力
ガクトさんは英語だけでなく、何でもできてしまうということが世の中の人達から強い疑問になっています。

「Gackt は日本語、英語、中国語話せるみただけど、どうやって勉強したの?」

「5か国語はなせるっていうけど、どこの国の言葉が話せるの?」

「テレビを見ていてガクトに思ったことは、何か国語も話せるし、周りにも気を使えて凄いと思った。」

なんでガクトさんはこんなに色んなことがマスターできてしまうのでしょう?

ガクトさんの英語の勉強法は・・・文法事項は文法書で読んで把握しているのですが、基本的には、好きな雑誌をパラパラめくって読むというのが主流の勉強法だそうです。

自分の興味のある内容の記事を繰り返し読んでいると、自然とそこに出てくる単語や文章を覚えてしまうそうです。

意外にも学校のように座学でがっつり机に向かうことは眠くなったり、飽きてしまうそうです。

ダーツを人が4時間練習するのが限界なところを9時間練習したりとものすごい集中力ですが、座学でザ・勉強!みたいに英語を取り組むことはガクトさんにとって苦手な用です。

それでは、なぜそんな勉強が苦手なガクトさんが何か国もの言葉を話すことができてしまうのでしょう?

ガクトさん的には、英語やほかの国の言語を通して外国人の人コミュニケーションをとりたいと思ったのが意欲の源のようです。

まずは完璧な文章・発音でなくても臆さずに会話したい、という姿勢が大事です。

ペラペラ見ているだけ、といいつつも陰でとても努力をしていると思います。

座学でないにしても、生活のなかに英語を取り入れて必死に覚えたりしているでしょう。

ガクトさんのすごさは記憶力!

私はこの記事を書く前から、個人的にガクトさんのことは興味を持っていました。

それはこの記事でも何度か取り上げていますが、「芸能人の格付けチェック」の正解記録についてです。

高い方のワインをあてたり、高い楽器を当てたり・・・なんで?台本?やらせ?と気になっている人はたくさんいます。

バライティのユーチューブなどを検証してみて、キャラ崩れスレスレな喜びを披露したり、本気であてに行ったり、不正解なのではないかと不安になっているガクトさんの様子は演技ではないと思います。

私も騙されている視聴者の一人なのかもしれませんが、ただ、語学に関しては嘘はつけないので、ガクトさんは何事も一生懸命なのと記憶力が抜群に良いというのは感じます。

記憶力が良くないと、そもそも五カ国語を話したり、すべての楽器をマスターしたり、ワインの味が分かったりもしませんよね。

ガクトさんのように記憶力を高め、なおかつ忘れないように残すには、英語を感情と共に覚えることをしてみましょう。

例えば、英語を読んで覚える時、その記事が気に入った、面白いという理由から覚えるとします。

こうすれば学習+楽しいという感情がプラスされて、より記憶に残ります。

また、ガクトさんが目的としているコミュニケーションが成功すれば、それも成功体験として蓄積されますよね。

このように語学学習は、やりたいという欲求を生みだす刺激と、覚える時のプラスの感情でもって、座学を何十時間とかけなくても、効率に自分の英語を成長させることができます。

とはいえなかなかガクトさんレベルに覚えるというのは難しいとは思いますが、それでも完璧でなかったとしても無邪気に楽しんで覚えていって、陰で努力をしているガクトさんには、私たちも見習いたいと思う要素が強いですよね!

負けず嫌い、完璧主義、できることでの更なる楽しみの増加、あくなき欲求が日々、ガクトさんを進化させています!

ガクトさんの進化といえば、体も凄くて有名ですよね。
⇓   ⇓   ⇓  
英語教材ランキング【2018年最新版】