大学生におすすめの英語教材

聞き流すだけで手軽なスピードラーニング

テレビCMでもよく見るスピードラーニングは本当におすすめです。

日常生活や旅行によく使うフレーズがまとめられていて、英語の後に対応する日本語も聞けるので、通学中でもノート等を持たずに勉強できます。

自分のレベルや、旅行やビジネス等、目的に合わせてレベルを選ぶことができ、すぐに使いたいフレーズを効率よく覚えることができます。

社会人や英語学習から離れて久しい人には、実際には文法の復習や話し相手の確保等、教材以外の準備が必要だと思います。

ただ、高校までの英語学習や大学での講義で英語に慣れている大学生であれば、英語ディスカッションや留学生を相手に覚えたフレーズを試せば、実践での自信をつけることもできます。

「聞き流すだけ」で終わらずに、せっかく覚えたフレーズを積極的に使える人にはもってこいの教材だと思います。

場所も時間も選ばないスピードラーニングがおすすめです

スピードラーニングをおすすめします。時間も場所を選ばず、とにかく聞いているだけで耳が慣れてくるというのが、おすすめの一番の理由です。

スマホに取り込んで外出先でもいいですし、寝るときにイヤホンで聞きながら睡眠学習というのも、手っ取り早いと思います。

教材費も安く抑えられますし、とっさの時に、フレーズが口をついて出てきます。

始めてからは、なんとなくネイティブの発音に近づくというか、カタコト感、ぎこちなさを感じることが減る気がします。

耳が慣れてくると、街で外国の方から声をかけられても、変にドギマギせずに、落ち着いて対応できるようになったとも思います。

実際に英語を話す時に、効果を感じることができるので、自信もつきます。

例文の中で自然と単語が身につく

大学生におすすめの英語教材は『DUO』です。単語をただ暗記するだけではなく、重要単語がいくつか使われている例文がたくさん掲載されており使い方やどういうシチュエーションで使えるかもしっかり身に付きます。別売りのCDを使うと、例文を英語→日本語訳の順で読み上げられているのが聞けます。

耳からも覚えられ、発音の練習にもなります。例文で使われている単語が1つもかぶっていないという工夫も素晴らしいです。

その例文もランダムなものではなく、登場人物の関係性が見えてきておもしろいです。

大学受験対策として使っていましたが、語彙の幅が幅広く収録語数が多いため大学生、さらには社会人になってからも役立つこと間違いなしです。

実践で使える英語を身につける!~英会話初心者におすすめの教材~

高校時代に英語が得意であった方でも、いざ英語で話せと言われるとなかなか言葉が出てこないものです。机上の空論ではなく、実践で使うことができる「英会話スキルを伸ばす教材」についてご紹介します。

大学生の皆さまに特におすすめしたいのはこちら。

山田暢彦著「英語のスピーキングが驚くほど上達するNOBU式トレーニング 中学で習う英文法だけでネイティブのような会話ができる!」です。

この教材では、ネイティブが実際に使うフレーズを、文法ごとに掲載しています。付属のCDを聴きながら、英語学習をインプットとアウトプットに分けて学習することで英会話スキルを基礎から築き上げることができます。

大学生からの英語は、テストで点数をとることよりも、実践で使いこなせることの方がはるかに重要になってきます。

こちらのテキストを使って、英会話スキルを磨く第一歩を踏み出してください。

toeic対策にはZ会

おすすめは「新toeic test レベル判定模試」(z会)である。

toeic testをはじめて受験する人は、試験形式に慣れ、パートごとの傾向をつかむ必要がある。

本書は予想スコア、レベル判定がついているので本番でどれくらいの点数が取れるか予測できる。
 
z会のtoeic通学講座講師が監修しており、在宅模試受験生のデータが徹底分析されている。

CDには、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアの四か国音声が収録されている。

さらに、四か国語発音聞き比べコラムもついており、ここを押さえればリスニングパートは心配無用である。

全200問に正答、誤答率と難易度を表示しており、自分の解答と比べることで、自分の弱点を確認できる。

記事1つで大幅に学習が可能

私が大学生の皆さんにオススメする英語教材はJapan Timesです。この新聞は世界で起きているニュースや出来事を全て英語で読むことができます。

毎月刊行されており、1記事300円前後と非常に安いのが特徴です。

また、難しい単語やコロケーションなどにはその記事の下にあらかじめ日本語で訳が付いており、まずは意味を理解したいという人にはオススメです。

大学生ということもあり英語教材を選ぶとなると、やはり世界で起きているニュースや就職活動が解禁になったので、日本企業のニュースを知りたい人が多いと思います。

この新聞にはそういった情報もいくつか喝采されており何より英語で読めるので一石二鳥です。日頃から英字新聞を読むことで教養だけでなく、アカデミックな英語力が身につきます。

そして、有料ですが新聞に喝采されている文章を読み上げるCDが購入できます。

大学生には学習用ペーパーブックがおすすめ

たくさんの英語を読む「多読」は、英語の習得のために効果的です。

時間に余裕のある大学生は、多読に取り組みやすい環境にいると言えるでしょう。

多読をするときにおすすめなのが、英語学習者用のペーパーブックです。

いくつかの出版元からレベル別、シリーズ別になって出版されている他、電子書籍でも利用できます。

これらのペーパーブックでは、文法を簡単にしたり、単語を置き換えたり、単語に注釈をつけるなど、読者の効率的な多読学習のための工夫がされています。

ストーリーも日本や海外の名作を扱っているので、自分で興味のあるものを選ぶことでモチベーションを保つことができます。

自分の興味とレベルに合わせて、多読で英語を学んでみてはいかがでしょうか。

総合力が伸びる教材はこれ!

ずっと英会話講師をしてきた私のおすすめは絶対にDUO3.0です。

この教材、一つの文章に数個の重要単語がちりばめられていてその一文を覚えるだけで
関連した単語がすぐに覚えられてしまうのです。

文章になっているのでその単語の使い方(例えばどの前置詞と相性がよいか、何文型系の単語か)なども
自然と頭に入ってしまいます。

単語帳で単語の意味だけを覚えるのと違って使い方まで自然に覚えられてしますので、本当にこの教材はすごいのです。

掲載されている単語もTOEICに出てくるものやニュース記事に出てくる単語など難易度の高いものですので
十分に活用して頂けると思います。

英語で文章を書きたい方、英語のニュース記事を読みたい方にも最適。

CDもついているので、移動中にも聞きながら発音を確認することもできるのが更に素晴らしい点です。