石原さとみの英語力は上手い下手発音は一般人の口コミ

アメリカでは人の英語を間違っているとは言わない

私は中学生の時に親の転勤でアメリカに引っ越したので、アメリカの中学校に行きました。石原さとみさんの英語は、インタビューなどで聞いた事はありますが、ネイティブとはいえないレベルです。

やはり、アメリカに行って生活していけるかというと、一応できると思います。

アメリカという国は、色んな他国からの移民の人が多いですし、英語は世界語となっているのでアメリカ人がアメリカ人ではない人の英語を聞いて、これは間違っているという事はあまり言いません。

その人なりの言い方があったり訛りがあったりするので、彼女がアメリカで生活できるかと言われればできるとは思います。

しかし、訛りがやはり日本人の訛りですし、表現などがまだ勉強足りないなとは思います。

英会話と言えば、石原さとみ

英会話イーオンで、石原さとみさんが起用されていますが、上手だと思います。

彼女は、頭が良くて覚えも速いので何ともない気がします。

声が高い気がしますが、外人さんには伝わりやすいと思います。

話てる時の、表情が豊かなうえ、パフォーマンスがあるので発音が悪くても、相手のかたが解釈すると思います。

ドラマや映画でも、英会話の才能を見せることもしばしばあり、ごく自然です。

日本にあるものは、ほとんど英語で、この先を見据えて、英会話は必須です。

日本の労働力が無くなり、日本に外人が出稼ぎに来たり、外人経営者になると英会話は避けて通れません。

石原さとみさんが、英会話講師になることもあると思います。

明るい顔で話せると、誤解はされなさそうですね。

石原さとみさんの英語の発音について

何度か石原さとみさんがドラマで英語を流暢に話されているのを目にしたことがあります。

例えば、ジャニーズの山下智久さんと共演された「5→9〜,私に恋したお坊さん」では英会話の先生役で出演されておられ、また、映画「シンゴジラ」では、米国大統領特使のハーフ?役で出演され、度々でてくる独り言が英語だったりしました。

英語が出来るようなイメージは、それまでのドラマを拝見している限りあまりありませんでしたが、その2番組で龍には英会話はできるが、決して発音が上手くはないという印象を受けました。

やはり、ネイティブと英語圏以外の人とは発音がまったく違うと思います。舌の使い方や唇の開き方など小さい頃から培われたものでないと難しいのだと思います。

自信を持って話せば通じる⁈

石原さとみさんの英語力は、実は大したことはないのではないかと思います。

ですが、英語を“語学”として学んだ人の中には、ヒアリングはできても、自分が本当に伝えたいことは伝えきれないという人もいます。

そういうタイプの人は、表現力が乏しいということが原因の一つだと思いますが、その点、石原さとみさんは英語力に加えて、表現力に長けているので、ヒアリングだけができる人よりは、自分の思うことを伝える能力を持っていると思います。

TOEICなどを受験すると、もしかしたらあまり高い点数は取れないかもしれませんが、実践的な英語ができるのは、演技力の高さにも通じるところがあると思います。

また、世界的にも通じる美貌で、英語圏の人も、なんとかコミュニケーションを図ろうとしてくれると思うので、結果的に石原さとみさんの英語力は十分だと言えると思います。

CMで発揮される英語力

石原さとみさんの英語力は、テレビや映画などのメディアを通じて、とても素晴らしいと感じられます。

映画「シン・ゴジラ」では、日系三世で英語と日本語を話すことができる役柄を演じていました。

顔が外国人っぽくはないため、少しの違和感があるものの、話し言葉は英語が話せるという雰囲気かありとてもいいと思いました。

彼女の英語力を1番実感できるのは、やはり、英会話教室AEONのCMです。

CM内で話している英語は、とても流暢でなおかつはっきりと発音しているため日本人でも聞き取りやすいと感じます。

いくつかのCM、どれをとっても石原さとみさんの英語にブレが無く、彼女自身の能力だとはっきり分かります。

このことから、石原さとみさんには英語力が充分に備わっていると感じます。

ノンネイティブスピーカーできちんと勉強した人

石原さとみさんのスピーキングとリスニングについて、映画『シン・ゴジラ』、ドラマ『9時から5時まで』で台詞として話している英語の発音と、あと何かのドキュメンタリー番組で会話しているのを見たときの印象です。

『シン・ゴジラ』では日系アメリカ人の役でネイティブスピーカーとしての話し方をし、かつ演出上ものすごい早口でした。若干アメリカ英語がわざとらしいのかなという気がしましたが違和感はありませんでした。

『9時から5時まで』は英会話スクールの講師役。教える立場なので聞き取りやすく分かりやすい綺麗な英語でした。

ドキュメンタリー番組では台詞ではなく自分の言葉を英語で話されていたわけですが、役の経験も活きてよどみなくやりとりされていました。普通にリスニングもできて、そこまで難しくはない語彙でのコミュニケーションをされていました。

結論としてノンネイティブイングリッシュスピーカーでない日本人が真面目に頑張ったらこのぐらい話せるかなあ…といったレベルに思います。
⇓   ⇓   ⇓
映画「シンゴジラ」あらすじ・ネタバレ

山ピーとのドラマの時の英会話の先生役の印象

元彼氏だった山ピーがお坊さん役のドラマの時に初めて女優の石原さとみさんが英語を堪能に話しているシーンがあり、その時に英語の会話とか違和感なく聞けたので、少し調べた事があります。

かなり英語は彼女なりに勉強されているようで、色々な役に順応できるように頑張られているみたいです、そのおかげで英語を話す主人公役とか自然と役がハマるようになって来ていますし、たぶんいずれ海外の映画とかのオファーとかあれば、自然と演じられるようになる気がしますね、彼女の話す英会話を見ているとです。

お顔もかわいいし、英語力もあり、演技力もあるようならこれからもっと活躍する女優さんになって行くような気がします、勉強家の彼女の成長が楽しみであります。
⇓   ⇓   ⇓
5時から9時を無料で見る方法

努力はうかがえるが、発音は微妙

女優業で忙しいなか、英会話のイーオンに通っているということは素直に評価できる。

ライティング能力やボキャブラリー、リスニング能力といった英語力の要素はテレビ画面から読み取ることは難しいが、スピーキング能力は発音から読み取ることはできる。

自然で美しい英語を話すことは、女優として最重要な英語力の要素だが、映画やドラマを見る限り、流暢な英語を話しているとは言いがたい。

わかりやすい例は2016年に公開された映画「シン・ゴジラ」であり、日系三世のアメリカ人を演じているため、短文ながら彼女の英語を聞くことができる。

しかし、ネイティブの発音に慣れた人間から聞くと、アメリカ人のアクセントからは明らかにかけ離れており、違和感が大きい。

日本人が苦手なLやRの発音も習得しているとは言いがたく、スピーキング能力はそこまで高くないようだ。

とはいえ、英語の初学者よりは自然な発話ができているのは確かなので、努力の形跡はうかがえる。

一般的に学習した時間に応じて英語力は向上していくので、今後も英語学習を続けていけば、世界で戦える英語力が身に付く可能性はある。

今後の英語力向上に期待したい。

レッスン中?本当に話せる?

いまや大女優の一人となった石原さとみだが、英語を使うドラマや映画を見たことがない。

そもそも英語をしゃべる必要がある作品の絶対数は日本という国は少ないはずであるから、ほとんど語学力は必要ないに等しいのである。

石原さとみも語学力を生かした女優ではないのは、一般的な視聴者からは明らかなわけで、彼女もそれを武器にしているとはとても思えない。

ただし、全国民が唯一彼女が英語をしゃべっている印象が強いものがある。

ユーキャンのCMである。

ユーキャンは語学教えてくれる講座を行っているところで、彼女はレッスンを外国人から受けているシーンがありその印象が強いせいか、学んでいる最中といったイメージだろうか、とても語学堪能とは見えない。

石原さとみの英語勉強法

石原さとみは、高校1年生で本格的に芸能界デビュー。

通っていた高校は、創価高等学校の普通科でした。

仕事と学業の両立は、大変だったでしょうからなかなか英語の勉強も出来なかったのではないでしょうか。学生時代は、英語が苦手だったみたいです。

2011年に一ヶ月間、ニューヨークに語学留学しています。その後、英会話を忘れないためにも英会話のイーオンに2年間通っていています。

主にフリートークに力を入れて、練習していたみたいです。

初めて英語を使ったドラマは、”リッチマンプアウーマン”のスペシャル回で、流暢な英語のセリフをしゃべるシーンです。

他のドラマでや英会話のイーオンのCMでも流暢な英語を披露しています。

そんなイメージもあり、『英語が上手いと思う芸能人ランキング2017』では、女性で見事1位に選ばれました。
⇓   ⇓   ⇓
英語教材ランキング【2018年最新版】