Hapa英会話は、海外旅行での実際の英会話を最速で効果的に学べる教材として、今最も人気があります。

私たちにとっては旅行用、つまりトラベル英会話でも、カフェでの注文や買い物などはネイティブにとっては日常の会話なのです。

そんな本当に暮らせるのに使える英語教材と有名なHapa英会話の内容や効果は、いったいどうなのでしょうか?

この記事は
Hapa英会話を英語の勉強のために買おうか悩んでいる男性・女性
のためにイギリス留学帰りで英語教材調査員のキャリアウーマン・あやみが書きました。

皆さんの英語学習に役立つよう、ガチレポします!

Hapa英会話とは・7つの特徴

Hapa英会話は、ロサンゼルスにある英語学校BYB English Centerの設立者、セニサック淳さんが考案しました。

仕事をする日本人ビジネスマンやその家族に人気な英語学校として予約が殺到するほど人気のコースが英会話習得メゾットとして教材になったものです。

本当に海外で暮らさなければならなくなった、ビジネスのために海外に来て英語を使わなければならなくなってしまった人のために、Hapa英会話は超・短期間で日常に必要な英語力を学習できると人気を集めています。

急に海外で暮らさなければならなくなった人のために、この英語学校は「日常英会話マスターコース」を開講し、そのコースと同じ内容効果を日本でいても習得できるように考案された教材です。

早速Hapa英会話の特徴を見ていきましょう!

【公式サイト】Hapa英会話 完全版

1. たった30日で会話力が身につく効果を実感できる

セニサック淳さん設立のBYB English Center「日常英会話マスターコース」の目的は、ロサンゼルス駐在のビジネスマンたちに、一刻も早く日常で通用する英語力をつけさせることです。

この方法によって、英語のスピーキングが大の苦手である日本人を2800人に最速で英会話をマスターさせた実績があります。

なので、同じように考案されたHapa英会話は「最短・最速」の英語学習がテーマとして、とことん学習効率のUPにこだわっています。

この教材を使って学習することで、たったの30日後には、確実にネイティブと日常の会話ができるようになるようにできています。

従来の英語学習教材と逆転の発想だと思うところは、セニサック淳さんは英語を「話す」ことと「聞く」こと明確に分けて学習することを考案しています。

英語学習でTOEIC対策や聞き流しCDで英語に対する耳を作る学習方法が流行っていますが、なんと、いったん英語を聴き取る力をいったん後回しにして、話す英語力から集中的に学んでいきます。

自分が英語を話す土台を作ってしまってから英語を聴き取る力をUPさせるという画期的な方法です。

英語が苦手な日本人が英語を学ぶとき、まず「話す」こと、それから「聞く」ことの十番で分けて勉強した方が、セニサック淳さんの日本人への英語指導の経験上、普通に英語を学習する時間の半分で英会話の習得が可能になるそうです。

とにかくまず使える・通じる英語を話せるように最短でなるにはこの教材は非常に効率が良いです。

2. コストパフォーマンスの良さ

そんな気になる独自メソッドのHapa英会話のお値段ですが、なんと19,800円です!(2017年5月15日に価格が改訂しました。)

他の英会話教材と比べても、安すぎますよね。

実は、知る人ぞ知る英語教材のHapa英会話は、テレビCM等に広告費を払っていないので、優れた内容なのに無名という現状です。

ですが、広告費を抑えているからこそ、私たちにこのような英語教材業界で圧倒的なコストパフォーマンスの良さなのですね。

毎月送られてくるタイプの英語教材ではなく、申し込むと一度にすべての教材が届きます。

内容は

・CD18枚
・DVD1枚
・テキスト2冊

19,800円とは思えないビックリする内容量です!

そして、支払い方法も他の英語教材はクレジットカード支払いのみだったりするのに対し、Hapa英会話は

・クレジットカード 又はちょコムクレジット支払い(※日本国外発行カードはご利用いただけません。)
・銀行振込・郵便振替
・コンビニ決済(※手数料として 270円 が追加されます)
・BitCash
・ちょコムeマネー

豊富なお支払い方法から選べるところも嬉しいので、クレジットカードを持てない学生にとっても嬉しいです!

3. 90日間の全額返金保証付き!

Hapa英会話には90日間の無条件で全額返金保証がついているので、安心して試してみることができます。

「Hapa英会話 完全版で学習した結果、万が一、英語が話せるようにならない場合には、90日以内に「返金」の旨をご連絡下さい。」
とのことですが、変な煩わしい英語学習レポートを書かされることなく、「名前・メールアドレス・返金用の銀行口座」を連絡するだけで返金してもらえます。

条件としては

・90日以内の連絡
・商品の返送費用だけはこちらが負担

の二点だけです。

もちろん、Hapa英会話を開封して使用済みでも返金申請に問題ありません。

どんなに「優れている・効果ある・良い教材!」と人から言われていても、教材には相性があります。

Hapa英会話はそんな金銭的リスクなしで日本人が最短で英語を話せる英語学習をまずは初めて欲しい、と自信を持って提供しています。

開発に2年もかけて独自なメソッドかつ、教材のコストパフォーマンスもかなり良いのに使用済みな教材にまで気に入らなかったら全額返金保証を受け付けるなんて、Hapa英会話はずいぶん太っ腹といいますか・・・

あまり儲けを考えず、本当に日本時に英語を早く喋れるようになって欲しいという要素が詰め込まれた英語教材ですね!

4. 英語初心者にも初め英語教材としてやさしい

トラベル英会話が題材になっているので、難しい英文法や単語の暗記などをする必要がなく、とっつきやすいものとなっています。

別に海外旅行行く予定もないし、ありがちなシチュエーションで英語を学んでも仕方ないのではないか?・・・そんな疑問が出るのも最もだと思います。

ですが、皆さんはトラベル英会話の学習は知っているだけで、実際に完璧に「話す」ことはできますか?

セニサック淳さんによると、実際に「話す」ことの学習に焦点を当てた場合、旅行先を題材にした「トラベル会話」こそが最も効果的だそうです。

決まったパターンの会話を覚え、口に出すことができるようになることで、私たちにとっては旅行でも現地の人にとっては日常ですから、結果的に日常会話ができるようになります。

もちろん、もしも海外旅行に行く予定があるのなら、実際に話せるようになるためのとっても良い英語教材ですし、英語が苦手だけどとにかくなんか英語で話せるようになりたい、日常会話はスムーズになりたい、英語のスピーキングが苦手・・・という人に特にオススメです。

しかも、名前から察していると思いますが、Hapa英会話の考案者であるセニサック淳さんは英語と日本語の完璧なバイリンガルです。

二言語を完璧に使いこなすバイリンガルだからこそ、日本語を話す日本人が英語を学ぶ時に何が弱点になりやすいのかも把握しています。

なので、日本人に最高に適した英語学習方法を提案してくれるんですね。

Hapa英会話は英検だと中学英語レベルの5級か4級、TOEICだと200点代300点代レベルの英語学習をしたことない人、英語学習基礎者でも取り組めます。

基本的に英語学習のビギナー(初心者)を対象としたプログラムで、難しいボキャブラリーも文法(時制)も含まない日常会話表現が中心となっていて、かつ「話す」ことからスタートするので、元々の英語の実力は関係ありません。

文法や単語に関する専門的な解説はなく、受験、英検、TOEIC等のテストには対応してはいませんが、間違いなくまずは英語が「話せる」ようになることを実感できるので、最初の英語教材として選ぶには最適です!

実際に使えるフレーズや、ネイティブならではの表現を身に着けられるので、このHapa英会話を30日間取り組めば、英語を全くやった事ない人でも海外旅行でネイティブと話すことができるようになります。

そして、英語が話せるようになれば、どんどん英語で人と会話をすることが楽しくなっていきますから、たとえ英語力が0だったとしても、まずは英語を好きになることから英検2級、TOEIC600点、700点とスコアを伸ばすこともできますよ!

5. 充実した教材内容

それではHapa英会話の教材内容をご紹介します。

Hapa英会話のメインはCDで、CD18枚(英語のみが9枚、英語→日本語版が9枚)のセットです。

内容は下記の通りです。

CD1 カフェ編、ファストフード編、道案内編
CD2 ショッピング編
CD3 ホテル編
CD4 レストラン編
CD5 リエゾン、カタカナ英語の改善、砕けた英語
CD6 トラベル英会話で使える100フレーズ
CD7 機内編(飛行機の中の会話) Immigration(入国審査) 税関 荷物受取所
CD8 タクシー編 スターバックス編
CD9 マクドナルド編 バー編

このように、旅行でのあらゆるシチュエーションが想定して英語が収録されています。

ただ単にトラブル英会話を覚えるだけの丸暗記学習ではなく、これをトラブル英会話を題材に日常英会話が出来るように持っていくメソッドなので、どうやって実際に英語で話せばいいのかを教えてくれます。

実際の教材内容で英語を話すことにできる事項は以下の通りです。

・カフェ
・ファーストフード「注文」
・道案内「道の聞き方」
・ショッピング「入店」
・ショッピング「試着購入」
・ショッピング「返品交換」
・ホテル「チェックイン予約あり」
・ホテル「チェックイン予約なし」
・ホテル「フロントデスクに電話」
・ホテル「チェックアウト」
・レストラン「席まで案内」
・レストラン「飲み物・前菜の注文」
・レストラン「注文」
・レストラン「食事タイム」
・レストラン「お勘定」
・機内1
・機内2
・機内3
・空港1
・空港2
・空港3
・タクシー1
・タクシー2
・タクシー3
・スターバックス
・マクドナルド1
・マクドナルド2
・バー1
・バー2
・バー3
・ダルマンを悩ますその1「砕けた英語」
・ダルマンを悩ますその2「通じないカタカナ英語Part1」
・ダルマンを悩ますその3「通じないカタカナ英語Part2」
・ダルマンを悩ますその4「返事は Yaes or No?」
・これだけは覚えておきたい!旅行英会話100旅フレーズ
・DVD動画のダイヤログ

シンプルなシチュエーションだけど、これだけの文章を英語で的確に通じるようになれたら、あなたは今すぐにでも海外に行けるようになります!

ビギナー用、内容が薄いんじゃないか、と買いたくても内容量が気になる人は、返金保証を使ってまずはお試ししてみると良いと思います!

この教材は、ある程度もうペラペラに喋れてしまってネイティブと会話するのに問題がない、という人には効果がないかもしれませんが、そうではない英語を話すのが苦手なすべての日本人には、このロサンゼルスが生んだ英語メソッドを試してあなたの英語力の引き出しに入れて欲しいと思います!

6. 効果的な6つのステップ

Hapa英会話の会話は、以下のように6スッテプで効果的な英語学習が進んでいきます。

早速見ていきましょう!

1. Introduction(イントロダクション)

例えばカフェやファーストフードならお店での注文の会話を覚えます。

これによって実際にこのシチュエーションでの流れも覚えます。

2. Variation (バリエーション)

ここでは実際にネイティブが良く使うフレーズや、質問される内容などに対して応用しやすいように、変化させたフレーズを覚えます。
CDは「日本語→英語」なので、日本語でイメージしてから言いたいことを英語に置き換えて言えるようにしましょう。

英語を覚える時は日本語を通さない方が良い、という意見もありますが、Hapa英会話は効率よく最短でとにかく喋れるようになるためには、私たちの言語である日本語で想像してから英語に直すという方法を推奨しています。

日本語を通すことで結果的に理解しやすくなるので、記憶への定着力も早くなります。

3. Useful Knowledge (応用しやすい豆知識)

知っていると、実際に注文等をするときに役にたつ豆知識を教えてくれます。

ロサンゼルス現地の観光案内等のコラムもあるので、ロサンゼルスに観光・留学・海外滞在の予定がある人には、ぜひ聞いてもらいたいですね!

もちろん、そうでない人でもアメリカ事情を実際に知れるので、楽しく息抜きしながら聞けます。

4. Dialog (対話)

学習した注文等の一連の流れをテキストを見ながら実際に声に出して練習します。

お客さんだけでなく、店員側のフレーズも声に出して練習すると、相手が実際に英語で何と言ってくるのかを覚えることができます。

Hapa英会話はこのロールプレイ学習法という記憶術を使って会話の流れを覚える英会話教材なので、これこそが効率よく記憶に定着させ、英語が最短で話せるようになるメソッドです。

Dialog (対話)部分がロールプレイ学習法ということで非常に重点的に置かれています。

ただただ丸暗記を促す聞き流しCDとは違い、Hapa英会話では英語フレーズが記憶に残りやすいようにこれは覚えは全部覚えなくても良い、これはここだけ分かればいい、と親切に工夫してくれています。

とりあえず喋れるようになるためだけを考えられたこんな英語教材って、ありそうで今までなかったですよね。

相手の言う英語に対して、瞬発的にどうやって英語で答えるかをロールプレイングゲームのように覚えていきます。

5. Review (復習)

そのレッスンの内容が理解できたのかどうかを「レビュー」のパートで確認します。

英語を「話す」練習には「日本語→英語」の変換が5秒以内にできるようにし、英語を「聞く」練習には「英語→日本語」の変換がすぐにできるかを試します。

このように「話す」と「聞く」を分けて学習し、日本人に一番効率の良い母国語である「日本語」からの英語学習によって学習したことをより定着させます。

6. Live Conversation(ナマの会話)

最終仕上げとして、Hapa英会話にはDVDが一枚付いているので、これを使います。

このDVDには、ネイティブが実際に会話しているビデオなどが収録されています。

最初はDVDのあまりのネイティブの速さに面食らってしまうかもしれませんが、CDの方にはセニサック淳さんがこの会話をゆっくりと話してくれていますし、テキストの方にもこのDVDの台本が載っています。

テキストや教材の音声で終わらないで、生のネイティブの音で仕上げるところも、実践力を身に付けるための英語教材であるHapa英会話ならではですね!

くり返しマナの会話を聞いていくことで、一か月後には実際に現地に行ったときにネイティブにひるむことはなくなります!

周囲の雑音もあえて除去していないので、慣れるのには時間はかかるかもしれませんが、なかなかこんな生の音声を日本で聴くことはできませんよね。

雑音がないところでいつも英語が聞けるわけないですし、ネイティブの人達がみんな外国人相手にハッキリ丁寧に話してくれるとは限りません。

どんなに英語を日本で学習していても「海外に実際に行ったら何言っているのかさっぱり分からなかった!」という日本人はとても多いので、日本にいながら生の英語対策ができるのはとても良いと思います。

7. 話す練習をすることで、リスニング力もアップする

セサニック淳さんによると、実は「英語ネイティブも相手の言うことを全部聞き取れている訳じゃない」とのことです。

日本人にとって英語は超聴きにくいですが、え、それって英語のネイティブもだったの?!と、驚きの情報ですよね。

実は、何度も繰り返しのパターンを覚えることで、ある程度相手の言うことを想像しながら聞けるようになります。

これは英語だけが特別というわけではなく、私たちの母国語である日本語も同じです。

一言一句漏らさず聞くのではなく、ポイントを押さえて瞬発的に想像しながら英語を聴くことができるようになれば必ずリスニング力もUPしますから、このように英語を「話す」訓練に重きを置いた教材でも、リスニング力は大きく飛躍するのです。

英語を喋るときに相手の言葉が100%分からなくても想像できれば喋れる、ということを知っている人も多いかと思いますが。

しかし、これを効率よく速攻で身に付けるためにとにかく実際に「話す」ことができるようになることでリスニング力まで鍛えてしまうというのは、本当にこれまでにない画期的な学習方法です。

とにかく英語を喋れるようになってリスニング力も上げたいという人には一番オススメの教材です。

【公式サイト】Hapa英会話 完全版